TOP

無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
☆ 和歌山の旅 3 ☆
 こんにちは


8月18日

今日の誕生花は ハイビスカス で
花言葉は「 常に新しい美 」です




そして2日目

三重までの帰り道

奈良県の『 彩華ラーメン 』により


美味しいラーメンを食し




謎な建造物を
遠くから見て

帰ってきました





| 加古有市郎 | | comments(0) | trackbacks(0) |
☆ 和歌山の旅 2 ☆
 こんにちは

8月17日

今日の誕生花は ゲッカビジン で
花言葉は「 はかない美 」です





和歌山に入り宿泊先の旅館
紀州和歌の浦 木村屋 』にチェックイン

この旅館の部屋から見える景色は・・・





オーシャンビュー

部屋にいるだけで 波の音 がリアルに






しかも下にある浜辺に行くと・・・



ビーチバー






もう最高のスポットでしたよ





| 加古有市郎 | | comments(0) | trackbacks(0) |
☆ 和歌山の旅 1 ☆
 こんにちは

8月16日
ジャーマンダー
今日の誕生花は ジャーマンダー で
花言葉は「 愛嬌 」です




のお盆休みも2日目が終わろうとしています


僕は15日のお昼ぐらいから
寄り道もしながら和歌山に行ってきましたぁ

まずは奈良県にある名物
柿の葉ずし ヤマト



柿の葉ずしは、古くから五条や吉野地方の家々で、
ハレの日のごちそうとして親しまれてきました。
柿の若葉が瑞々しく育つ夏の頃から、
柿の葉が赤く色づく晩秋の頃にかけて
夏祭りや秋祭りなど、特別な日を迎えるたびに、
吉野川流域の家々では、柿の葉ずしがつくられました。
サバやサケの寿司を柿の葉で包み込み、
すし箱に入れて押しをかけるという手法は
古の時代から、この地方に代々伝わる伝統的なもの。
海のない大和の国では貴重な食材である魚を、
保存性に優れた柿の葉で包むという先人の知恵が
柿の葉の爽やかな香りがほんのり漂う格別な美味、
今も変わらずに愛される、柿の葉ずしを生み出したのです





伝統的な味を食することができ大満足です



そして車を走らせ・・・





| 加古有市郎 | | comments(0) | trackbacks(0) |